亀頭増大サプリに含まれる植物系成分とは

口コミ、評判を比較してランキング。選び方や成分、副作用、効果的な飲み方、効果なしの理由も解説。効果ありのおすすめの増大サプリを教えます。
租チンの救世主はこれだ!

■植物系亀頭増大成分

●マカの精力効果

植物系の亀頭増大、強壮成分として有名なのがこのマカです。元々は南米のペルー原産でアブラナ科の多年生植物です。

マカは非常に栄養価が高いことで知られていて、特に男性の下半身の機能や精力増強に効果を発揮してくれやすいといわれています。

マカに含まれている成分は必須アミノ酸を含んだ十種類以上のアミノ酸や亜鉛や鉄分やビタミンなどが豊富に含まれています。

特に亀頭増大に効果のある『アルギニン』が豊富なのが特徴ですね。抗酸化作用や疲労回復、男性ホルモンの分泌促進までの効果が期待できます。

●アカガウクルアとは

アカガウクルアは熱帯性植物で、ハーブとして昔から男性の性機能の向上に使われてきたという歴史を持っています。

効果としては、疲労回復や、抗ストレス作用、エイジングケア、血流改善や精力アップの作用が期待できます。

●クラチャイダム

クラチャイダムは別名で黒ショウガがともいわれているタイが原産地のショウガです。

タイでは数百年以上も前から現地の人から男性の精力増強や、疲労回復効果がある植物として使われてきました。

成分には抗酸化作用のある『11種のフラボノイド』やアルギニン、BCAA等の必須アミノ酸が豊富に含まれています。

特にアルギニンに関しては、100gあたりの栄養価で比較するとマカの2倍以上も含まれており、亀頭増大、勃起力強化に非常に効果が期待できる植物です。

●モリンガの精力効果

モリンガは正式にはワサビノキといわれていて、近年ではスーパーフードとして注目されている植物です。

ペニスでかくする

その特徴は栄養素が豊富な事で、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ギャバ、ポリフェノール等と身体に良いとされる栄養素がこれでもか!というほど配合しています。

期待できる効果はエイジングケアや疲労回復や更年期障害の改善などたくさんの効果が期待できます。

●田七人参の精力効果

田七人参は別名で三七人参とも呼ばれるウコギ科の薬用植物です。中国南部の原産で16世紀頃から現地で使われていましたが、国外輸出が禁止されていました。

最近になってから海外への輸出が解禁されて、中国以外の日本などでも増大サプリなどにも使われるようになりました。

含まれる栄養は、豊富なサポニン、フラボノイド、アルギニンやビタミン、ミネラルで、期待できる効果は活性酸素の除去、血液浄化作用、免疫力の向上等の作用があります。

●スピルリナの精力効果

スピルリナは濃緑色の単細胞藻類で30億年以上前から同じ形で生息してきたという生物です。現在は熱帯地方のアフリカなどの湖に生息しています。

地球上に最初に出現した藻類の一種だと言われており、植物と動物に分化する前の生物なので両方の性質を持っています。

βカロテンをはじめビタミンや鉄分が豊富で藻類なので植物という位置付けにしましたが、タンパク質も豊富なのが特徴です。近年、注目され『スーパーフード』とも呼ばれる所以がコレです。

このスピルリナはスーパーフードといわれているだけあって、その消化率と吸収率も高く実に9割以上と言われています。

亀頭増大サプリにも配合されている商品もありますが、亀頭増大に直接的に関わっているものではなく栄養がふんだんに配合されているので、間接的に精力増強や勃起力のパワーアップなどに貢献してくれること間違いないでしょう!

●やまいもの精力効果

山芋は日本だけではなく中国などにも生息している芋類です。そのままたべてもいいですし、日本では有名なとろろいもというすり下ろした状態で食べるのが盛んに行われています。

山芋に配合されている成分で特に有名なのがムチンと呼ばれているものです。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、亜鉛やアルギニンなども豊富に含まれているので、男性ホルモンの分泌を促進して亀頭増大へと貢献してくれます。